重力ピエロ/伊坂幸太郎

2015年11月22日 00:00

『深刻なことほど陽気に』

▼Amazonで詳細を見る▼

重力ピエロ (新潮文庫)

重力ピエロ/伊坂幸太郎」(新潮文庫)


人の運命はすでに決められているのでしょうか。

生物には遺伝子と呼ばれる設計書が備わり、それは当然人間にもあるもの。

だとすれば、人の運命は、この遺伝子によってすでに決められているのかもしれません。

「人間は遺伝子に操られているんだろ?」

弟・春(ハル)のセリフは、この作品のテーマを象徴しているかのようです。

しかし、物語を読み進めていくうちに、それは決して抗えないものではないというテーマに発展していきます。

"重力"のように万人の身に降りかかる深刻な問題やしがらみ。

ただそれは、意識することで忘れることもできるのではないでしょうか。

あたかも、サーカスの"ピエロ"が陽気に空中ブランコを飛ぶとき、観客が皆、重力のことを忘れてしまうかのように。

「ふわりふわりと飛ぶピエロに重力なんて関係ないんだから」

深刻なことを陽気に伝えるピエロのように振る舞えば、そのうち重力は消えてなくなるのかもしれません。

読書時間:短 ■■■□□ 長

読み易さ:易 ■□□□□ 難

<一節ピックアップ>

「「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。」春は、誰に言うわけでもなさそうで、噛み締めるように言った。「重いものを背負いながら、タップを踏むように」それは詩のようにも聞こえ、「ピエロが空中ブランコから飛ぶ時、みんな重力のことを忘れているんだ」と続ける彼の言葉はさらに、印象的だった。」

<あわせて読みたい>

「オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎」(新潮文庫)

「グラスホッパー/伊坂幸太郎』(角川文庫)


↓『伊坂幸太郎ワールドを楽しみたい!』という方は、是非シェアを!

アンケート

今回の書評はいかがでしたか?

★★★ (0)
★★ (0)
(0)

投票の合計: 3

コメント

コメントが見つかりません。

新規コメント

↓ Facebookページ「風見鶏ーkazamidoriー」への"いいね!"も、是非お願いします!


↓Twitterへのフォローはこちらから!

お問い合わせ先

管理者:かまど kazamaster01@gmail.com