ちょっと今から仕事やめてくる/北川恵海

2015年12月05日 00:00

『疲れたときに読みたい一冊』

ちょっと今から仕事やめてくる/北川恵海」(メディアワークス文庫)


印刷業で働く若いサラリーマンが主人公の物語。

上司からの叱責、続く残業で、いつしか家と会社を往復するだけの日々。

そんな生活に疲れ果て、気付けば駅のホームから身を投げだそうとしてしまいます。

その時、腕をつかみ引っ張り上げてくれたのは、同級生を名乗る「ヤマモト」。

主人公は、突然の出会いに戸惑いながらも、やがて親しくなる二人。

そして、主人公の仕事に対する「ヤマモト」の助言は、主人公の人生を大きく変えていくことになるのですが...。

主人公に降りかかる思いも寄らない展開と、感動的なラストが印象的な一冊でした。

読書時間:短 ■□□□□ 長

読み易さ:易 ■□□□□ 難

<一節ピックアップ>

「"向かい合う相手の表情は、自分の表情を映しだす鏡だ"と言うが、笑顔が素晴らしいというのは、それだけですごい才能だ。」

<あわせて読みたい>

「稼ぐ力 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方/大前研一」(小学館)

「あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。/日野瑛太郎」(東洋経済新報社)


↓『働くことの意味を考えたい!』と思う方は、是非シェアを!

アンケート

今回の書評はいかがでしたか?

★★★ (0)
★★ (0)
(0)

投票の合計: 2

コメント

コメントが見つかりません。

新規コメント

↓ Facebookページ「風見鶏ーkazamidoriー」への"いいね!"も、是非お願いします!


↓Twitterへのフォローはこちらから!

お問い合わせ先

管理者:かまど kazamaster01@gmail.com