オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎

2015年10月17日 00:00

『強盗が迷い込んだ不思議な島』

▼Amazonで詳細を見る▼

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

「オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎」(新潮文庫)


コンビニ強盗に失敗した主人公「伊藤」。

警察の「城山」に護送される途中に意識を失い、目を覚ますと、そこは地図にない島「萩島」だった。

外界との交流を断ったこの島で、「伊藤」は『この島にはない、なにかを持ってくる者』として、すでに来島を予言されていた。

その予言をしたのは、話す案山子の「優午」。

「優午」には未来が見えるらしい。島民は皆「優午」を信頼し、これまで長い年月「優午」を中心とした生活を送っていた。

しかし「伊藤」が島に来た翌日、「優午」は何者かによって壊さ(殺さ)れてしまう。

「優午」の存在を失ってしまった萩島はどうなってしまうのか。

そもそも「優午」という存在は何なのか。

そして「伊藤」が持ってくると予言されている「何か」とは?

--

ファンタジーとも感じられる個性豊かな登場人物たちの会話、次々に起こる不思議な事件に、引き込まれること間違いなしの一冊です。

登場人物の中で、個人的には「桜」がお気に入りです。

島のルール「桜」の『理由になってない』という決め台詞。最高にクールです。

<一節ピックアップ>

「枕元の絵葉書を、横目で確認した。優午のことを考える。信じられないことばかりだったが、しゃべるカカシには、すでに違和感がなかった。人間は慣れる動物である。そうして、飽きる動物である。だらだらと生きる。若者は時間を持て余し「何か面白いことないかな」と愚痴る。諸悪の根源とは、そのあたりにあるのではないだろうか。」

読書時間:短 ■■■□□ 長

読み易さ:易 ■□□□□ 難

<あわせて読みたい>

「グラスホッパー/伊坂幸太郎」(角川文庫)

「マリアビートル/伊坂幸太郎」(角川文庫)


↓『不思議の国に行ってみたい!』と思う方は、是非シェアを!

アンケート

今回の書評は、いかがでしたか?

★★★ (0)
★★ (0)
(0)

投票の合計: 2

コメント

コメントが見つかりません。

新規コメント

↓ Facebookページ「風見鶏ーkazamidoriー」への"いいね!"も、是非お願いします!


↓Twitterへのフォローはこちらから!

お問い合わせ先

管理者:かまど kazamaster01@gmail.com