新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方/池上彰、佐藤優

2016年01月23日 00:00

『知識を得る喜びを感じる』

「新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方/池上彰、佐藤優」(文春新書)


ISの台頭、深刻化するシリア問題、くすぶり続けるウクライナ危機。

第二次世界大戦、冷戦以降も、中東を戦地とした大国間の戦争は続いています。

なぜ戦争は続くのか。

そして、このまま世界はどこに向かっていくのか。

歴史といまの国際情勢を分析し、高いインテリジェンスを持つジャーナリスト・池上彰氏と元外交官・佐藤優氏の両著者が、対話形式でわかりやすく解説されている一冊です。

毎回のことながら池上彰氏の解説はとてもわかり易く、知識を得られる喜びを与えてくれます。

この一冊を読むことで世界の見え方が変わるかもしれません。

歴史や国際情勢に興味のある方におすすめしたい一冊です。

<目次>

序章 日本は世界とズレている

第1章 地球は危機に満ちている

第2章 まず民族と宗教を勉強しよう

第3章 歴史で読み解く欧州の闇

第4章 「イスラム国」で中東大混乱

第5章 日本人が気づかない朝鮮問題

第6章 中国から尖閣を守る方法

第7章 弱いオバマと分裂するアメリカ

第8章 池上・佐藤流情報術5カ条

終章 なぜ戦争論が必要か

読書時間:短 ■■■□□ 長

読み易さ:易 ■■□□□ 難

<一節ピックアップ>

「要するに、「嫌な時代」になってきたのですよ。これからの世界を生き抜くために、個人としては、嫌な時代を嫌な時代だと認識できる耐性を身につける必要がある。そのために、通時性においては、歴史を知り、共時性においては、国際情勢を知ること。知識において代理経験をして、嫌な時代に嫌なことがたくさんある、というのをよく知っておくことです。」

<あわせて読みたい>

仕事に効く教養としての「世界史」/出口治明」(祥伝社)

「世界史の極意/佐藤優」(NHK出版新書)


↓『国際情勢を知って世界を再認識したい!』と思う方は、是非シェアを!

アンケート

今回の書評はいかがでしたか?

★★★ (0)
★★ (0)
(0)

投票の合計: 3

コメント

コメントが見つかりません。

新規コメント

↓ Facebookページ「風見鶏ーkazamidoriー」への"いいね!"も、是非お願いします!


↓Twitterへのフォローはこちらから!

お問い合わせ先

管理者:かまど kazamaster01@gmail.com