『失敗をすることによって、真実の全体がわかるようになる』

2016年12月06日 23:30

ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)

オーストリアの精神医学者
(1856年~1939年)

▼応援(1クリック)お願いします▼

「失敗をすることによって、真実の全体がわかるようになる」


「真実の全体」というのが難しくて何を意味しているのかは分からないけど、

失敗しないとわからないことがあるという部分は本当だと思う。

だからといって、すすんで失敗をしろってことじゃない。

失敗を恐れずに行動に移すことが大事だということ。

たとえ失敗したとしても、失うものよりも得るもののほうが大きいはず。

たくさん失敗したということは、それだけたくさん得るものもあったということ。

そうして得たものがあればこそ、失敗する前よりも全体がわかるようになるんじゃないかな。

アンケート

今回の名言解釈はいかがでしたか?

★★★ (0)
★★ (0)
(0)

投票の合計: 0

ご感想&コメント

コメントが見つかりません。

新規コメント

▼応援(1クリック)お願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓ Facebookページ「風見鶏ーkazamidoriー」への"いいね!"も、是非お願いします!


↓Twitterへのフォローはこちらから!

お問い合わせ先

管理者:かまど kazamaster01@gmail.com