2015年4月6日のコマ様

2016年11月30日 00:00

コマ様「そらもう、噛むしかないわな」

▼応援(1クリック)お願いします▼
ブログランキング・にほんブログ村へ


コマ様(以下、コ)「...」

私「...」

--

コ「...なぁ」

私「はい?」

コ「なんでか、わかる?」

私「はい?」

コ「いや、『はい?』やなくて。...なんでそうなったんか、わかる?」

私「いえ...ちょっとわかんないスね」

コ「...ワシがここに来て、どんくらいなる?」

私「3ヶ月ちょっと、ですね」

コ「じゃぁ、そろそろわからんとアカンわな」

私「なにがですか?」

コ「いや、だから...」

コ「な ん でヒトが『毛繕い』してるとこ邪魔すんのかぁいうことや!!」

コ「ワシらげっ歯類はなぁ!『毛繕い』してるときが一番リラックスしてるときであり且つぅぅ!一番無防備なときなんや!!」

コ「そこを自分、なんや?なんでいきなり『毛繕い』してるワシのそばでコチョコチョしだしたん?」

コ「もうっ、考えられへんっ!なぁ?事故や思とるやろ?事故や思とるやろー!そんなんなぁ、ワシから言わせてもらえば、自業自得以外のなにものでもないわ!」

コ「もう3ヶ月も経って、自分、ワシのなにを見てきたわけ?もう、あれやろ?かわいい、かわいいだけやったんちゃうんか?」

私「...まぁ、そうっスね」

コ「そういうとこ、アカンで自分。げっ歯類=かわいいは、あくまでそっち側の発想やろ?そんなんちゃうで。こちとら、そちらさんが思てる以上に、いろいろとギリギリなんやから」

私「...ギ、ギリギリなんスか」

コ「そうや。ワシらげっ歯類は目ぇが見えん。目ぇが見えんもんが、一番無防備なときに、そばでコチョコチョされたらどうなる?」

私「...どうなるんスかね」

コ「そらもう、噛むしかないわな」

私「...ギリギリですね」

コ「そうや。ギリギリや。目ぇが見えんぶん、ほんまギリギリなんや。そこ、自分わかっとかんと」

私「...すいませんでした」

コ「まぁ、過ぎたことやし。わかってくれたらええんや。...ところで、なにをコチョコチョしようとしたん?」

私「...いや、なんか寒そうかなぁと思って。床材を足そうとしたんです」

コ「...えっ?」

私「いや、だから。床材を」

コ「...ぁ、ん?...なんや...、ワシのこと気ぃ遣てくれたんか?」

私「...気を遣うというか、お世話というか...」

コ「...ほんまか...。なんや、噛みついて悪かったなぁ」

私「...正直、ヒクくらい血が出てビビりましたけどね」

コ「人差し指の先から血が滴ってたもんなw」

私「えっ?見えてたんですか?」

コ「みっ、見えるかアホ!あぁ、あれやっ...血ぃの滴る音がしたんや」

私「...そうですか。それにしても、なかなか血が止まらなかったのは困りましたよ、ほんと」

コ「長いことティッシュで押さえつけてたもんなwどんだけティッシュ使うんy」

私「それ絶対見えてるでしょ!」

コ「見えてへんがな!ワシ、全然見えてへんがな!」

--

...という会話を想像してみた。

アンケート

今回のコマ様劇場はいかがでしたか?

★★★ (0)
★★ (0)
(0)

投票の合計: 0

ご感想やコメント

コメントが見つかりません。

新規コメント

↓ Facebookページ「風見鶏ーkazamidoriー」への"いいね!"も、是非お願いします!


↓Twitterへのフォローはこちらから!

お問い合わせ先

管理者:かまど kazamaster01@gmail.com