ガソリン生活/伊坂幸太郎

2017年01月28日 17:03

『2つの視点で描かれる物語』 

▼応援(1クリック)お願いします▼
▼Amazonで詳細を見る▼

ガソリン生活 (朝日文庫)

ガソリン生活/伊坂幸太郎」(朝日文庫)


スキャンダルの渦中にある有名女優が、自動車事故によって突然の事故死。

物語は、この出来事を中心に描かれていきます。

面白いのは、主人公からの視点だけではなく、主人公の愛車の視点からも同時に物語が進行していく点。

まるでアニメ映画「カーズ」を彷彿させる、車種によるキャラクタ設定や車同士の会話。

読んでいてとてもワクワクするものでした。

この作品のテーマの1つに「ニュースの在り方」というものがあるかと思います。

ニュース記事を作る記者は、ほんとうに知らせたいニュースを作っているのか。

それとも一般的にウケのよい、視聴者に好んで読まれるニュースを作っているのか。

後者であれば重要なニュースは他に埋もれ、当のニュースの真相も二の次になってしまうかもしれません。

しかし、現実のニュース記事もそれに似たようなものではないのか。

フィクション小説に必ず存在する潜在的なテーマ。

今回はそうしたニュースに対する風刺を感じた一冊でした。

<目次>

Low

Drive

Parking

エピローグ

読書時間:短 ■■■□□ 長
読み易さ:易 ■□□□□ 難

<一節ピックアップ>

「『芸能人がくっついたり離れたりするニュースなんてくだらない』とよく訳知り顔で言う奴がいるだろ?俺たちが、それを知らないと思ってるのか。くだらない、と分かってるに決まってるだろうが。百も承知だ。ただ、そういった記事があれば、読みたくはなるんだ。たとえば、スナック菓子がなくても、人間は生きていけるだろ?栄養価があるとも言えない。じゃあ、栄養がないんだからスナック菓子を作るな、と君たちは思うか。栄養がなくとも、スナック菓子を食べたくなる人は多い。製造する会社があってもおかしくはないだろ」

<あわせて読みたい>

「死神の精度/伊坂幸太郎」(文春文庫) 

「一九八四年[新訳版]/ジョージ・オーウェル」(ハヤカワepi文庫)


↓『この作品を読んでみたくなった!』と思う方は、是非シェアを!

アンケート

今回の書評はいかがでしたか?

★★★ (0)
★★ (0)
(0)

投票の合計: 0

ご感想やコメント

書評投稿サイト・本が好き!のご案内

本が好き!運営担当 2017年01月29日
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

アイテム: 1 - 1 / 1

新規コメント

▼応援(1クリック)お願いします▼
にほんブログ村 本ブログへ
↓ Facebookページ「風見鶏ーkazamidoriー」への"いいね!"も、是非お願いします!


↓Twitterへのフォローはこちらから!

お問い合わせ先

管理者:かまど kazamaster01@gmail.com