夢をかなえるゾウ(3) ブラックガネーシャの教え/水野敬也

2015年03月22日 00:00

『教え、笑い、感動の三拍子』

『夢をかなえるゾウ(3) ブラックガネーシャの教え/水野敬也』(飛鳥新社)


今回の主人公は、シリーズ初の女性。

彼女は幸せになる方法を追い求め、占い師通いも一度や二度ではないようです。

そんな主人公は、彼氏いない歴5年目で、女友達と「独り身5周年アニバーサリーパーティー」という謎のイベントを開いたばかり。

人一倍欲張りで、自分を幸せにしてくれそうなものにはなんにでもすがる性格 (占いとかパワーストーンとか) 

それが災いしたのかどうか、貯金はほとんど残っていないようです。

ある日、日本橋の古びたビルの一室で、本物の占い師に出会います。

占い師「赤城さん」の占いは驚くほど的中し、主人公はすがる思いで幸せになる方法を教わろうとします。

「赤城さん」が取り出したのは、奇妙な姿をした銅像。

ゾウの頭で手は4本。口元のキバは片方だけが欠け、お腹は完全なメタボ。

内心「(気持ち悪っ)」と思いながらも受け取る主人公でしたが、この内心が彼女の運命を大きく変えることになろうとは...。

--

前作、前々作よりもさらにパワーアップした面白さ。新たな登場人物に加え、これまで登場してきた神様も登場。

ガネーシャの教えもこれまでと同様に、すぐに実践することができるものとなっています。

教え、笑い、感動ありの、文句なしの良著。一気読み、間違いなし。

2015年のベストセラーの座は既にいただいたも同然ですね、水野先生!

<一節ピックアップ>

「自分がなんとなく見てるテレビ番組、なんとなくやってるゲーム、ほんまに欲しいもんなんか?自分の収納やパソコンの中には、ほんまに欲しいもんだけが入ってんのか?もし、そうやないんやとしたら、自分が本当に欲しいと思てるもんは一生手に入れられへんで。部屋の大きさが限られてるみたいにーー自分が持てるもんも、生きてる時間も、全部限られてるんやからな」

<あわせて読みたい>

「夢をかなえるゾウ/水野敬也」(飛鳥新社)

「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神/水野敬也」(飛鳥新社)

読書時間:短 ■■■□□ 長

読み易さ:易 ■□□□□ 難


↓『ガネーシャの教えで自分も変わりたい!』と思う方は、是非シェアを!

アンケート

今回の書評はいかがでしたか?

★★★ (0)
★★ (0)
(0)

投票の合計: 2

コメント

コメントが見つかりません。

新規コメント

↓ Facebookページ「風見鶏ーkazamidoriー」への"いいね!"も、是非お願いします!


↓Twitterへのフォローはこちらから!

お問い合わせ先

管理者:かまど kazamaster01@gmail.com